帰ろうと思ったら、うちのベビーカーを広げようとしている奴がいた。私「あの~これ、うちのじゃないですか?お間違えでは?」と声をかけたら泥「これはうちの○○ちゃまのです!」